不安を煽るあんしんメール

事例

9時になって1通のメールが届いた。

本メールは1ヶ月以内にooまたはその関連商品を購入されたお客様にお送りしています。

早い話がooで使う場合に、安全面を確保できない使い方をしている場合があるという注意喚起と、その事例についての記事(URLのリンクが記載されている)をご覧くださいという内容だった。

何を買ったのか?oo関連で、そんな危ないものを買った記憶はいっさいない。

なんだろう?

これは「みなさま」という言い方と同じで「どこの誰」という部分がボケているため、該当するのかどうかがすごく曖昧になってしまっている。

買ったものは何だったのか?
それはエアコンのフィルターだった。

エアコンの設置で事故が多発しているので注意勧告をするメールだった。

さてメールを受け取った時に「あんしん」できただろうか?

一元的にこのカテゴリーに含まれるものを買ったらすべて、ボタン一つで「あんしん」できないメールが届く。

これは単なる迷惑のばらまきでしかない。

「もしかしたらあなたも知らないうちに……。」というヤツと同じだ。

エアコンのフィルターの施工方法について詳しく注意勧告が書かれているのを期待して、リンクページに飛んだら案の定、「エアコン本体」に関する設置工事に関するものだった。

何のために誰のために

これでは単なる自己満足にためのメールでしかない

何買ったかわからない
該当商品でないので意味が無い
情報を与える理由に対する詳細が安心になる

それがないのは煽りスパムでしかない
必要な人に必要だから届けるメールそれが「あんしんメール」ではないだろうか?

タイトルとURLをコピーしました